Google+ Followers

2014年9月19日金曜日

オーストラリアにおけるテロ警戒レベルの引き上げに伴う注意喚起

2014年09月12日
※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。

1  9月12日,アボット・オーストラリア首相は,オーストラリア国内のテロ警戒レベルを「中位(Medium)」から「高位(High)」に引き上げた 旨発表しました。(注:テロ警戒レベルは上から「Extreme」「High」「Medium」「Low」の4段階があり,「高位」(High)とは,テ ロの攻撃の可能性が高い(likely)ことを意味します。)同レベルが「中位」から「高位」に変更されたのは,2003年に同制度が導入されて以来初め てです。

2 同首相は,今回の脅威レベルの引き上げは,特定の攻撃計画の証拠に基づくものではなく,オーストラリア国内でのテロ攻撃の 可 能性上昇を指摘する一連の証拠に基づくものであり,治安及び諜報機関はテロ集団に関与するオーストラリア国民の増加を懸念している旨述べております。

3  つきましては,オーストラリアに渡航・滞在される方は,各種報道やオーストラリア政府国家安全保障のウェブサイト等で最新の情報の入手に努めるととも に,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートやイベント会場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際に は,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察したら速やかにその場を離れるなど,安全確保に十分注意してください。
【オーストラリア政府国家安全保障のウェブサイト】
http://www.nationalsecurity.gov.au/Securityandyourcommunity/Pages/NationalTerrorismPublicAlertSystem.aspx

4 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に記載。)

(問い合わせ先) 
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3679
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館・総領事館連絡先)
○在オーストラリア日本国大使館
住所:112 Empire Circuit, Yarralumla, Canberra ACT 2600, Australia
  電話: (国番号61)-2-6273-3244
  ファックス: (国番号61)-2-6273-1848
  ホームページ:http://www.au.emb-japan.go.jp/jp/index.html

○在シドニー日本国総領事館
  住所:Level 12, 1 O’Connell Street, Sydney, NSW 2000,Australia
  電話: (国番号61)-2-9250-1000
  ファックス: (国番号61)-2-9252-6555
  ホームページ:http://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/index_j.htm

○在パース日本国総領事館
  住所:U22 / Level 2, 111 Colin Street, West Perth WA 6005, Australia
  電話: (国番号61)-8-9480-1800
  ファックス: (国番号61)-8-9480-1801
  ホームページ:http://www.perth.au.emb-japan.go.jp/jp/index.html

○在ブリスベン日本国総領事館
  住所:Level 17, 12 Creek Street, Brisbane, QLD 4000, Australia
  電話: (国番号61)-7-3221-5188
  ファックス: (国番号61)-7-3229-0878
  ホームページ:http://www.brisbane.au.emb-japan.go.jp/japanese/index.htm

○在ケアンズ出張駐在官事務所
  住所:Level 15, Cairns Corporate Tower, 15 Lake Street, Cairns, QLD 4870, Australia
  電話: (国番号61)-7-4051-5177
  ファックス: (国番号61)-7-4051-5377
  ホームページ:http://www.brisbane.au.emb-japan.go.jp/Japanese/cairns.htm

○在メルボルン日本国総領事館
  住所:Level 25, 570 Bourke Street, Melbourne, VIC 3000, Australia
  電話: (国番号61)-3-9679-4510
  ファックス: (国番号61)-3-9600-1541
  ホームページ:http://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/index_j.html

2014年9月9日火曜日

ケアンズ / 「ホリディイン・ケアンズ」名称変更に (10月~)

ケアンズの中心部に位置する「ホリディイン・ケアンズ」は、2014年10月より現在のインターコンチネンタルホテルズグループからヒルトンホテル系列にマネジメントが変更になることとなりました。
これにより、ホテルの名称も以下の通り変更となります。

■ 新名称: ダブルツリー バイ ヒルトン ケアンズ (Doubletree by Hilton Cairns)

なお変更は名称のみで、その他の部分については現時点での変更の予定はありません。
ご利用予定の方は、お間違えないようご注意ください。


※9/30まで: ホリディイン・ケアンズ (Holiday Inn Cairns)
 10/01より: ダブルツリー バイ ヒルトン ケアンズ (Doubletree by Hilton Cairns)
 住所: 121-123 The Esplanade & Florence St., Po Box 121, Cairns, QLD 4870

ハミルトン島 / 「ビーチクラブ」改装工事に伴い一時クローズ (2~4月)

ウィットサンデー諸島 最大のリゾート ハミルトン島にある5つの宿泊施設の中の一つ、5ツ星ラグジュアリーホテル「ビーチクラブ」は、以下の期間は一時クローズとなります。

■ 概要:
〔一時クローズ期間〕
 2015年2月27日~4月02日 (予定)
〔影響等〕
 重機による騒音などは徹底管理され、お客様がアクティビティー等に出かける正午前後の時間帯に行われます。

2015年4月03日には、57部屋中の24部屋(スーペリア)が「ビーチクラブ」(カテゴリーを一本にまとめ)再オープン、
また2015年9月01日には、残り33部屋が完全改装工事を終え「ビーチクラブ」(カテゴリーを一本にまとめ)としてリニューアルオープンいたします。

クローズ期間は約1ヵ月のみとなり、その他の期間は平常通り営業いたしております。
なお、その他4つの宿泊施設は、上記期間中も平常通り営業していることから、お客様への影響は少ないものと思われます。(プールも7つあるプールのうち、1つのみが閉鎖)
同時期にご利用予定の方は、予めご了承ください。